「災害時の緊急メガネ配備について」
2012/09/05

この度、メガネの相沢では、大規模な災害が発生した際に眼鏡店として地域に貢献できる手段として、一時的な視力
確保の為のメガネ「アドレンズ エマージェンシー」を、メガネの相沢全店に配備しました。

「アドレンズ エマージェンシー」は、地震などの災害時、メガネやコンタクトレンズなどを失くしたり壊してしまった際に
どなたでもご自分で瞬時に度数を調節してかけることのできるメガネとして開発されました。
視力が違う複数の方で共有することができ、自治体や企業の備蓄用として活用いただける緊急用のメガネでござい
ます。

地震、津波等自然災害が発生した場合に、メガネやコンタクトレンズを失くしたり壊したりする事は多く発生すると考え
られます。
また、被災エリアにある眼鏡店はライフラインが止まってしまうと、通常の業務を行うことが困難になると予想されます。
そこで、メガネの相沢では、災害発生時にライフラインが復旧するまでの一時的な視力確保の手段として緊急メガネを各店舗に配備、必要な方に無償貸し出しを行い、地域社会の方々の安心安全に貢献することを目指します。

メガネの相沢は、今後も地域に根ざした眼鏡店として、眼と視力に関するより高い技術とサービスの向上に努めて参り
ます。



緊急メガネ配備店ステッカー


トップページへ戻る