●国民生活センターと日本コンタクト
  レンズ学会からカラーコンタクト
  レンズについて注意喚起が発表
  されました。
●消費者庁で、レーシック手術に
  関する資料を公表しました。

国民生活センターが注意喚起
カラーコンタクトレンズの安全性
−カラコンの使用で目に障害も−
2014年5月22日

カラーコンタクトレンズで
日本コンタクトレンズ学会が
注意喚起
2013年3月8日

消費者庁で、レーシック手術に
関する資料を公表しました。
2013年12月4日


「カラーコンタクトレンズで、日本コンタクトレンズ学会が注意喚起」
2013/03/08

カラーコンタクトレンズを使って目に障害を負った事例が発生しています。コンタクトレンズは医療機器です。買う際は眼科医に相談し、添付文書をきちんと読んで安全に使用するようご注意ください。


  3月8日の河北新報夕刊に、日本コンタクトレンズ学会が、カラーコンタクトレンズを使って目に障害を負った事例が、昨年7〜9月で395人に
上ったとの調査結果を発表した記事が掲載されました。

  学会は「コンタクトレンズは医療機器。買う際は眼科医に相談し、添付文書をきちんと読んで安全に使ってほしい」と注意を呼び掛けています。

河北新報夕刊記事(2013年3月8日)



トップページに戻る